ひとりごと

趣味・ガンプラ・親父 のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、SF3Dコンペ主催のN.bloodさんのところで
参加者全員に向け、兄さんからの手紙、と題して
記事が書かれていました・・・

一人一人、本当に丁寧にコメントされていて
思わず熱いものがこみ上げてしまいました・・・

n兄さんのトコは猛烈にコメント数が多いので
あちらにはコメせずに僕もココで独り言を言いたいと思います

続きは結構な長文なのでお暇な方以外はご遠慮下さいw


いつも応援していただきありがとうございます!
c_02.gifc_01.gif


今回のコンペは本当に楽しむことが出来て兄さんには感謝の言葉しかありません
コンペ記事で百太郎さんに頂いたコメントもホント嬉しかったです

実際に雑誌作例を手がけているようなプロの方
各コンペで上位入賞された実績をお持ちのプロ級の方など
自分のような趣味でちょぼちょぼやっているモノから見たら神の様な
凄腕モデラーの中でよくあれだけの得点を頂けたモノだとホントに思っております

でも、その一方・・・本音の部分では・・・

もっと上位にいきたかった~っ!悔しい~っ!と言う気持ちがあるのもまたホント・・・

きっとヘタクソが何を言うのかっ・・・と笑われるでしょうね
でも・・・そういう気概を持ち続けないと技術は向上しないんじゃないかな?

技術・・・技術ってなんでしょうかね?
スジボリが綺麗に彫れるとか
パテでカッコイイカタチが作れるとか
すごく綺麗な塗装が出来るとか・・・技、技法、技能・・・と言う感じでしょうか?

僕が考える技術とは「不可能を可能にするチカラ」だと思います(ムゥさんじゃないよw

不可能、と言うのは誰も出来ないこと・・・だけではなく、今、現段階で
その人が出来ないこと・・・例えば20数年前に今現在のガンプラのような
カッコよく、しかもよく動き、変形までしてしまうようなプラモって
不可能でしたよね?
でも、今はそれが出来ている・・・不可能が可能になっているんですよ
技術って奴で
それは企業、集団レベルじゃなく個人レベルでも同じコトかと思います

で、その出来ないことを練習なり鍛錬を重ねて出来るようにするコト・・・それが技術の習得

習得した後、更に鍛錬を重ねてその精度を高めていく、それが技術の向上

そして同じことが出来る人間が少なければ少ない程、高い技術と呼ばれるのだと思います

僕に足りない物はいっぱいあると思うのですが、今回足りなかった物・・・
兄さんの言われる、「あとひとひねり」が一体なんだったのか・・・
その答えを言葉で聞いたからって僕の技術は向上しないでしょうし
聞きたくありません・・・自分自身の手で探さないと意味は無いでしょうから

これから長い長い道のりの中で足りない何かを、恐らく一生見つかることは
ないかもしれませんが、探し続けていくことができるならば
それに勝る幸せはないのかな・・・?

なぜなら見つけてしまった時か
探すことを諦めた時がプラモ作りをやめる時でしょうから

昼休みにケータイで兄さんの記事を読んでから、ず~っと
考えてたことを書き殴ってみましたが・・・(ちゃんと仕事しろってw
うん・・・色々考えるのは楽しい♪
こういう時間も大切だなあ・・・(作業をしない言い訳w

あ、この記事はコメ書けませんからね~独り言なんで!
でわノシ

スポンサーサイト

 | Copyright © S・G・O blog All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。