MG F2ザク

趣味・ガンプラ・親父 のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえず出来ました~と思ったら写真見てスパイクアーマーのボルト入れ忘れに気付いたw一応ボルトを埋め込む変更をしてオラザクに・・・ダメっすか?
オラ設定としては終戦後、ジオン残党が赤い彗星が帰還した時の為に新生ジオン軍の象徴として用意していた機体。が、その頃シャアはアクシズに・・・結局デラーズ紛争の際にある小隊長の手に委ねられ、デンドロビウムの一斉射に巻き込まれ宇宙の塵に・・・なあんて小賢しいな、ヤメヤメ
ゲルがあるのに終戦後にまたザクなんぞ載るかぁい!
単にRX-78-2VerKaの横に並べられるMS-06SVerKaですよ。まあ膝が変な形ですけどもw

とりあえず出来た手のホヤホヤ、ご覧あれ
動力パイプは真鍮製のブラスパイプマックスを使用P6250003.jpg
スイマセン嘘です。ただの金の塗装です。フレームを銀にしてたのはコレを意識しての事だったのですが・・・まあ暗く落としたおかげで渋さが出たかな?
P6250004.jpg
画像は実物より赤いです。撮影は急いでパッパッとしたので・・・配色がサザビーッぽいですね。全く狙ってませんでしたがw指揮官用ブレードも少し変な角度にしたのは変わった感じを狙ってます。(マラサイ的?

大き目のマークや型式番号などはガンダムデカールのザクVer1用・・・P6250006.jpg
量産型にも使えるので、と思って買いましたがなんかロゴがダサいですね・・・もうすぐVer2用デカールが出るのも分かる気がします。しかしVer1デカールにMS-06DやらKやらの型式番号が・・・改造しろと言うのか?
コーション類はいつもの波のXデカールと、今回新たにサテライトと言うとこのコーションデカールセットを使ってみたのですが、明らかに文字が太くて精密感がイマイチ・・・途中からXデカールとガンダムデカールガンダムVerKaのコーションのみに切り替えました。
さ、お披露目はコレにて終了P6250007.jpg

武装が無い?Ver2のを持たせる予定ですのでヒートホークとシュツルムファストしか作ってませんので、いずれまた二機揃い踏みさせます・・・

いよいよザクVer2に取り掛かれるッス!(スコタコが欲しくてタマラン状態ですが・・・ザク連投もアレなんで先にスコタコ買ってパチろうかな・・・

あと質問!デカールに入ってたんでテキトーに貼ったんですが
A12って何すか?
スポンサーサイト
さて、前回の浮きまくっていたシルバー部分にスモークを吹きつけ色を落ち着かせ、サーモンピンク部の色があってない部分を塗っていたら・・・かぶりまくってピンク部全部塗るハメにw
もはやサーモンピンクでなくP6200003.jpg
オレンジになりつつあるP6200004.jpg
マスターグレードマラサイを待ちわびる俺の深層心理がそうさせるのか・・・?(下手なだけだろ
まあ、仕上げはパサパサのつや消しにするんでだいぶ白っぽくなるっしょ






では、ザクさんの独り言を聞いてやってください・・・



う~ぃ・・・クソあっついのぉ・・・サウナかよ!P6200008.jpg


週末には墨入れ(不要か?)とデカール貼りができると思いまあす
デワ
さて、とりあえず組んでみました
動力パイプはデカール貼りとトップコート時に邪魔なので最後です
んが・・・P6150002.jpg
うひゃあぁ・・・自分で塗っといてなんだけど

変なの・・・

超変な色ぉ!(爆死

P6150003.jpg
色も全くあってないしそれより何より関節のシルバー浮きすぎ
もう少し色合わせて、シルバー部はスモークで暗く落としてみます・・・
あと肘、膝、足甲もワインレッドはやりすぎかな・・・まあつや消しコートしたら白っぽくなるしイイか・・・
パーツ裏の見える部分ももう少し塗らないとなあ・・・

なんか失敗の悪寒・・・
昨日はお越しいただいた皆様に、汚い作品でお目汚し申し訳ありませんでした。
深く反省すると共に今後の作品をより良いモノに仕上げていく所存でございます。

さて、基本塗装はこれでほぼ終了です。P6130001.jpg

前回までの写真はデジカメの設定をまちがえたまま撮影していて(爆
かなり色合いが違ってましたが、これは現物と大体同じ色になってるかと思います。

ワインレッド部はつや消しになってたので、デカールのシルバリング防止の為クリアーレッドを吹き重ねて、艶出しと発色向上を狙いましたが・・・なにぶんフラットブラウンを吹いてしまったのが尾を引いて艶は出てもザラザラのまんま(汗これじゃあシルバリングは防げそうも無い・・・
ピンクは前回まで腐った○○色だったので目標とするサーモンピンクにすべく、前回塗った塗料の残りから上澄みのクリアーレッドを少し抜いてクリアーオレンジを足して調色し直し、吹き重ねました。大好物のトロサーモン色に近づいておいしそうな色合いに出来たような気がするヨ・・・あと、靴と胸、武装(ヒートホークとシュツルムファストだけ)を黒に限りなく近いグレーで塗りました。
画像には無いですが他のフレーム部はシルバーのまま、少しシャドウを吹いてグラデをかけてます。

さあ、ココまで来ればあとは組み上げて、墨入れして、デカール貼って、トップコートして・・・まだ結構先が長く感じてきたorz

週末は早起きしての日帰り出張研修二日間だから、なかなか進められないかなあ・・・
週末なので昨夜少し塗装をしました。
いよいよシャアレッドとシャアピンクの塗装です。

まずはシャアレッド?なアズキ色というかワインレッドと言うか・・・

一度上塗りのつもりでクリアーレッドとレッドの混色を塗ったのですが、下塗りのブラウンが隠蔽しきれずに腐ったアズキ色と言った風情だったので、更にレッドを単体で吹くことに。
一発目はこんな感じP6090002.jpg

面の中心に明るい色をトリガを絞って細吹きし、エッジ周りを暗く残す事でグラデーションをかけます。このままでもいいのですが、写真より実物はグラデがきつすぎわざとらしいので、二回目はトリガを開けて全体に塗料をかけ、グラデのボケ足を自然な感じに落ち着かせます。
こんな感じ・・・P6090003.jpg

写真では(またかよ!)ベタ塗りのように見えますが、一応グラデが残ってます。
本家MAX塗りだと、クリアーカラーを多用しますがクリアーカラーは希釈や吹きつけの調整が難しく、一部失敗するとリカバリが困難で塗り重ねてもダメなので、クリアーカラーは少し混ぜる程度にしています。
これでワインレッドは一応終了・・・


続いてシャアピンク
まずは前回の下塗りがショッキングピンクに近い赤、いわゆる紅色ですので、少し黄味に振ります。
オレンジとクリアーオレンジを半々(少しじゃないじゃない)で混ぜ、こちらも面の中心に細吹きで・・・
左がオレンジを吹いたものP6090001.jpg
上で書いたように、一部失敗してしまい、塗り重ねても傷が広がるばかりになり、下地赤から塗りなおしを一度やりました・・・
あまり塗り重ねるとただのオレンジになるので、一回でやめます。


ここでやっとこシャアピンクです。
白とクリアーレッドを6:4位にオレンジを少々に混ぜたもので塗っていきます。これだと隠蔽性も低く、下地でグラデーションが効いているので、全体をコートする感じで吹いてもグラデは残せます。
昨日はココまで・・・
ハンドピースはしっかり洗ってしっかり乾燥P6100004.jpg
写真では(またまたかよ!)赤味が強く写ってしまってますが、大体狙ったピンクが出せました。


パーツごとに色のバラツキが若干あるので、もう少し調整しすれば、赤系の塗装は終了です。
後はシルバーに塗ったパーツを、黒くする物とそのまま行く物に分けて塗れば基本塗装完了、となります。

続きはまた来週、かな・・・
え~本題に入る前に・・・
アフィリエイトの話はドン引きされてるんでしょうか?
アクセスは伸びましたが何の反応も無くなった~(汗
まあ、それはそれとして実際問題このブログでは何よりも皆さんとコミュニケーションを大切にしたく思っています。名無しさんや通りすがりさんなそこのアナタも!何かコメントプリーズ(必死
いや、必死なのは俺だけなんで、テキトーに気楽に書き散らしてもらって結構ですよ?

さて本題・・・
エアブラシの清掃に手間取りましたがなんとか上塗りその1を塗りおわりました。
P6020004.jpg
最近フレームや武装などグレーのパーツは、とりあえずシルバーに塗ります。濃淡つける場合は後からスモークなどで色づけします。
続いてアズキ色にするパーツP6020020.jpg

とりあえずブラウンを下地にして、この上から赤とクリアーレッドの混色を吹けばアズキ色を再現できるかな・・・?とか思ってます。
誤算は以前アッガイ用に買っていたこのブラウンがフラットブラウンだった事でしょうか・・・またデカールがシルバリング・・・まあよい
ピンク部分の下塗りは赤です。P6020019.jpg
下塗りで既にピンクの出来上がりw
塗料に隠蔽性が無く下地が白なので、まるでミーアライブザクヲのようなショッキングピンクになりました(汗
P6020021.jpg
3回ぐらい塗り重ねてようやく赤に・・・(ホッ

ココからエッジに濃い色を残し、面の中心に薄い色を重ねて簡易版MAX塗りをしていきます。ベースグレーで立ち上げるとグラデがどぎつくなるんで、最近は大体こんな感じで塗ってます。
水性なので乾燥に時間をかけるので、上塗りは次の週末かな・・・ま、のんびりいきます・・・
まあ、長い前フリでしたけどサフ吹き自体はハンドピースの洗浄入れても1時間もかかりませんでした。
P5270011.jpg

缶ぺと違ってかなり希釈してるので一発塗りだと、エア圧あげて濃い目に吹いても右の頭部みたいに下地透け透けですが、とりあえずはほとんどのパーツはこれで終わらせてます。
左のスパイクアーマーのスパイク部を別パーツにしたところなど、同色にしたい箇所で濃い色と白い色の成型色の差を無くしたい部分は、下地を隠蔽できるまで塗り重ねました。
失敗かと思っていた胸部モールドP5270012.jpg
意外とイケてるのでココはそのままですw
他の箇所で、改修したふんどし部や膝アーマーはやはり継ぎ目が消しきれて無い部分やペーパー傷も何箇所かあったので、今日の昼間にやり直しました。エアブラシだと、こういう部分補修をした時のリカバリしやすいのもメリットですね。
さて、サフ以外の上塗りは水性派につき一応サフ後はしばらく放置して、溶剤分を確実に飛ばしてから本塗装に入りたいと思います。次の作業は週末かな・・・(塗装はなんだかんだ時間がかかるので・・・

その間Ver2組んでみる?
S.I.Cとかの写真も出来れば貼りたいなあ・・・
え~赤い外装に、完成後でも見える装甲の裏を白くしたいと急に思いつき成型色を残す事に。はみだしてもリカバリー楽だかんね、と思いつつマスキングが超シンドかった。
P5260007.jpg

急に思いついて、と言うか思い出したといった方が正確か、赤白の組み合わせはこちらの本の小林和史氏の作例、リックディアスクワトロ機で関節部や指などを白く塗られていたのが非常に印象に残っていたからです。有名なので説明は不要だと思いますが氏はFC2でモデリズムと言うブログをされてますね・・・プロの方のブログはなんとなく畏れ多くてROMってるだけですが・・・(ヘタレでスイマセン

さて、マスキングと竹串に並べるだけで二時間ほどかかりました。
P5260008.jpg

ようやくサフ吹きの準備です。
P5260009.jpg

最近は缶ぺじゃなく瓶サフをエアブラシで吹いてます。ABSのパーツ割れとか話題になってますしね・・・手間はかかりますが塗りやすくて仕上がりも綺麗でパーツも割れにくいと思います。ストフリも問題ないし。
塗料の調合はスポイトで吸い上げた回数で調節、前は紙コップに入れてましたが最近はベビーフードの空き瓶使ってます。子持ちモデラーならでは?wもちろん防塵マスクは必須でしょう。

さてここで一度中断します、消えたら死ぬしw
昨夜、ようやくサフ吹きをしました。
まずは準備をしますが、これが実作業より億劫ですね・・・
P5260005.jpg

塗装ブースと食器乾燥機転用の乾燥ブースは机に置きっぱなしです。
ダイソーの網目プラケースを裏返したスタンドに、パーツをばらし両面テープなどで竹串につけて並べていきます。



ここでタイトル「・・・の序章、ぐわあ!」な理由
実はこの記事、1時間ほどかけて最後まで書き上げてあったんです。出来あがったし、メモ帳のバックアップも消そ・・・で、アップしようとした瞬間何故か綺麗さっぱり消えました(ぐわあ!
なにかマウスが滑ってカーソルが画面右上の×に飛んだ気がします・・・何故かブラウザに残ってたのが上の分だけ・・・書きなおそうにも写真のアップがうまくできません・・・またあとで追加を書きます・・・
教訓:バックアップはアップが終わるまでおいとけ

ぎゃヒィ・・・
昨夜からサフ吹きしようと思っていたのですが、子供を寝かしつける時に一緒に撃沈・・・気付いたら朝ですw
前回、もう少し細部をイジって・・・と書いた細部?です

いやあ~見ないで~
P5240010.jpg
ゴルァ!皆さんにお見せせんかいぃ!
うう・・・
P5240009.jpg

などと余計な芝居さしてるのは、失敗した誤魔化しです(^^;
あ~ランバラル旧ザクとかそんな感じの別パーツぽく、上から装甲版を固定している部品的なイメージの追加ディテールです。以前偉そうにスジ彫りはガイドをしっかり作るのが大事、的な記事を書いておきながら、
P5240012.jpg
フリーハンドで彫って無様に失敗の図orz
当初、プラ板貼って穴開けて・・・って考えてましたがめんどくさくなってつい・・・手抜きはいけませんね(爆
シンメトリー出てないし、運河彫りになっちゃった
とりあえずもう少し調整して、サフ吹いて確認した時に納得できなければ修正(埋め)しようかな・・・
あと顔の合せ目消しも億劫なので、UCHGザクヘッド風に支柱上部にモールド彫りしてみました。ホントは後頭部のラインもあわせたいところですがマンドクサ(ry

と、とりあえずこれでサフ、吹きま~す
P5240011.jpg

 | Copyright © S・G・O blog All rights reserved. |  Next

まとめ / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。